10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

明日、虐るかも・・・

- あしたやるかも - もしかしたら俺は明日また母親を虐待してしまうかもしれない。そうならない為に介護や福祉の「現実」をもっと深く知りたい。特殊な状況下での感性の正常化?ブログ (旧題 「私は彼を許さない」)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

7月 大分県 「双葉」「ふたば」の不正受給・指定取り消し 

ケアマネジメントオンライン
<ケアマネ資格取消>不正受給約790万円、大分県の2事業所が指定取り消し処分

大分県は、7月31日付で、合同会社「双葉」が運営する訪問介護事業所「ふたば」と居宅介護支援事業所「ふたば」の指定を取り消すと発表した。併せて、7月8日付で事業所の介護支援専門員(ケアマネジャー)1人の資格を取り消した。

県によると、訪問介護事業所「ふたば」は、事業開始(2012年12月)から13年9月までの10ヵ月間、虚偽のサービス記録を作成するなどして介護サービス費計1,908件、約476万円を不正受給していた。

また、居宅介護支援事業所「ふたば」は、事業開始(12年12月)から14年2月までの15ヵ月間、利用者へのアセスメントやサービス担当者会議を実施しないままケアプランを作成し、減算せずに約314万円を不正受給していた。

ケアマネジャー1人はこれらの不正請求に関与し、虚偽の報告をしていたため、「介護支援専門員の義務違反」「信用失墜行為の禁止違反」を理由に資格取り消しとなった。

県監査指導室によると、事業所は「知識と理解が不足していた。故意ではない」と説明しているという。
今後、宇佐市などの5保険者は「双葉」に対して、加算金も含めた返還を求める方針だ。

【処分概要】
■事業者名:合同会社「双葉」
■同所在地:大分県宇佐市大字上庄1725-2

■事業所名:訪問介護事業所「ふたば」
■同所在地:大分県宇佐市大字四日市字萱壁1049-1
■サービスの種類:訪問介護
■指定年月日:2012年12月1日
■処分理由:サービス実施記録がない(1,598件)、虚偽のサービス実施記録を作成(310件)

■事業所名:居宅介護支援事業所「ふたば」
■同所在地:大分県宇佐市大字四日市851-1プラチナ参番館内
■サービスの種類:居宅介護支援
■指定年月日:2012年12月1日
■処分理由:必要な減算を行わずに居宅介護サービス計画費を請求(171件/アセスメントの未実施49件、サービス担当者会議の未開催106件、居宅サービス計画の未交付16件)、虚偽の報告書(未開催のサービス担当者会議を開催したとする書類を作成)の提出

■取材協力:大分県監査指導室

◎大分県
http://www.pref.oita.jp/
関連記事
スポンサーサイト

category: 大分県

thread: 福祉のお仕事 - janre: 福祉・ボランティア

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mykaigoo.blog.fc2.com/tb.php/299-d46c358a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新コメント

最新記事

プロフィール

リンク

RSSリンクの表示

介護家族・個人

最新トラックバック

全記事表示リンク

月別アーカイブ

QRコード

書籍

DVD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。