10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

明日、虐るかも・・・

- あしたやるかも - もしかしたら俺は明日また母親を虐待してしまうかもしれない。そうならない為に介護や福祉の「現実」をもっと深く知りたい。特殊な状況下での感性の正常化?ブログ (旧題 「私は彼を許さない」)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

2014年3月 フランス 公立病院での虐待 

「公立病院での高齢者への虐待が告発される フランス」
(3月28 日/けあNEWS)

複数の患者が虐待を受けていたことが発覚
パリ公立医療組合は、パリ郊外のヴィリエ=ル=ベルにある、シャルル・リシェ公立病院に勤務する医療関係者らに対し、入院中の高齢者に対する虐待行為についての捜査を開始した。
今回の捜査は、虐待の被害者である患者らの、複数の家族が、それぞれシャルル・リシェ公立病院l'hôpitall Charles Richet(写真)を告訴したことから始まった。
この事件は、パリを中心に大きくメディアに取り上げられ、フランス全土に広がった。
虐待被害者の家族からの証言
パリの日刊紙「パリジャン」が、虐待被害者の家族から証言を得た。その患者は、高齢で、アルツハイマー病を患っており、長期療養中であったが、病院で、ひどいネグレクトを受けていた。
ある日患者の娘が病室を訪ねると、その患者は、ベッドの上でパジャマのままで寝かされていた。患者は、尿もれ(尿失禁)や排せつ障害のため、日常的にオムツを身につけていたが、その日は、オムツをつけておらず、ベッドが尿びたしの状態で、部屋中に悪臭が漂っていた。
パリ公立医療組合は、今後厳重な管理や取り締まりを行い、最近病院で頻発している、高齢者、身体障害者への虐待行為を厳しく取り締まる方針を示した。
(けあNEWS 2014年3月28日 原文のまま)
スポンサーサイト

category: ◆ 海外

thread: 介護 - janre: 福祉・ボランティア

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mykaigoo.blog.fc2.com/tb.php/292-5982c5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新コメント

最新記事

プロフィール

リンク

RSSリンクの表示

介護家族・個人

最新トラックバック

全記事表示リンク

月別アーカイブ

QRコード

書籍

DVD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。