08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

明日、虐るかも・・・

- あしたやるかも - もしかしたら俺は明日また母親を虐待してしまうかもしれない。そうならない為に介護や福祉の「現実」をもっと深く知りたい。特殊な状況下での感性の正常化?ブログ (旧題 「私は彼を許さない」)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

虐待、不正は続くよどこまでも 

事業所の不正や施設での虐待は今後も減らないものだと推測している。
何故なら厚生労働相(国?)が見て見ぬフリをしているからだ。
何故見て見ぬフリをしているかいうとそうした不正や虐待の実態を白日の下に晒すことは自らの介護保険制度の設立、運営の欠陥を炙り出す事になるからだ。
前述のブログで引用させて頂いたルポの一文「介護ほど深刻に壊れている世界を過去に目撃したことがない。」が端的に示しているように介護の世界がどうしようもなく破綻している事は何かのきっかけで介護の世界を斜めから見てネットで調べたり書籍を読んだ事がある人なら薄々は誰でも気づいている事なんじゃないだろうか?
勿論厚生労働省だってそんな事は知り尽くしている。
介護保険法設立の理念に照らし合わせて不正、虐待がけしからんというのだったら厚生労働省が不正、虐待は厳しく取り締まるという号令をかければ済むだけの話だがそれをしない、できないというのは不正や虐待を生み出す介護の世界を作り育てて来たのが厚生労働省(国)であるからに他ならない。
介護保険制度、理念は良かったとしてもその理念はすぐに経済成長、産業振興、雇用創出といった、「人間の尊厳を中心とする介護の本質」とは無関係のものに取って変わってしまった。
施策により事業所は雨後のタケノコのように増え、雇用問題はいくらか解消したかもしれないがそうして出来上がったのが不正、虐待、怠慢、手抜きが当たり前の介護の世界の現状だ。

・・・・

ダメだ!書きたい事は分かってるんだけど文章にまとまんね!
そんな事より母親に朝飯食わせね~と

いつものように独断的に終了!!!

関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: 介護 - janre: 福祉・ボランティア

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mykaigoo.blog.fc2.com/tb.php/257-e5e40beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新コメント

最新記事

プロフィール

リンク

RSSリンクの表示

介護家族・個人

最新トラックバック

全記事表示リンク

月別アーカイブ

QRコード

書籍

DVD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。