08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

明日、虐るかも・・・

- あしたやるかも - もしかしたら俺は明日また母親を虐待してしまうかもしれない。そうならない為に介護や福祉の「現実」をもっと深く知りたい。特殊な状況下での感性の正常化?ブログ (旧題 「私は彼を許さない」)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ブラック介護川柳 5 

Dデイサービス見学(2014.2.28)編

ケアマネを 自社の社員と 嘘をつく
けあまねを じしゃのしゃいんと うそをつく

昨日見学に行ったデイサービスでの事。対応したのはそこの管理者。会話の途中で…

俺:実はHケアマネ(R3号に代わって3月から担当してもらう事になっている)から話を伺ってこちらに来ました

管理者:ああ、そうなんですか。彼はウチの人間なんですよ。

(へっ?? じゃあこの会社とH君の居宅支援J事業所は同じ会社って事?)

俺:じゃあD社さんの居宅支援部門がJ事業所という事ですか?

管理者:そうなんです。


予定通りその日の午後Hケアマネと面談があったので聞いたみた。

- Hケアマネの解答 -
別の会社ですからそういった事は一切ありません。Dデイサービスが出来たばかりという事でよく「営業」に来るのでご紹介したまでですよ。


そうだよな~。でもあの管理者何でまたそんなすぐばれるような嘘ついたんだ?
それにHケアマネも、俺だったらよその会社の人間にそんな事を言われているのを知ったらかなり憤慨すると思うけど全然平気そうだった…。
何かあるの??

いずれにしても母親がお風呂に入れる日がまた一歩遠のいたようだ。

管理者にしてみればは今回の見学を通して ”いい事業所の頼れる管理者”のイメージをこちらに伝えられたつもりかもしれないが私にしてみればとんでもない話で ”ローリスク(家族がうるさくない)、ローワーク(効率を落とすような余計な手間がかからない)ハイリターン(収益は欲しい)”という事業所の思惑がギラギラとこちらに伝わって来るような面談だった




LJデイサービス(2014.2.28)編

期待した 事業所ここも 難しい
きたいした じぎょうしょここも むずかしい

介護業界との関係で言えば「難しい」のはアチラではなく俺の方だという事になる。
ただ、俺はどうしても介護業界の - 付き合うのであればまな板の上のコイになりなさい - 的な押し付けを受け入れるのには抵抗感がある。

このデイサービスの体験利用はもう済んでいる。
母親をどこかのデイサービスに通わせなければならない現実との狭間で落としどころを見つけなければならないのは分かっているが、この事業所とも現時点での予定通り契約となるのか、或いは破談となるのか - 今のところ全く見えない。




BTデイサービス(2014.2.26)編

相談員 この人介護 向いてない
そうだんいん このひとかいご むいてない

この短い期間の間に接触のあった3つのデイサービス、全部に批判的だという事になるとデイサービスがどうのこうの、言えば言う程私の偏屈振りを際立たせるだけだ(包括センター長の言うところの「病的」というヤツだ)
なのでこの川柳に関してはノーコメで(笑)

但し、介護業界は利用者の「お世話になるから」という心理を踏まえ、「利用者はいくらでも増える」という現実に乗じて自分たちの出来の悪さには目を向けないのだ。そこが気に入らない - という事は付記しておく。

数年前の自分だったら多分どのデイサービスも「ココはいい!」と思えただろう。





関連記事
スポンサーサイト

category: ブラック介護川柳

thread: 介護 - janre: 福祉・ボランティア

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://mykaigoo.blog.fc2.com/tb.php/225-2aac5c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

最新コメント

最新記事

プロフィール

リンク

RSSリンクの表示

介護家族・個人

最新トラックバック

全記事表示リンク

月別アーカイブ

QRコード

書籍

DVD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。